ゲーム2chパラダイス

2014年06月

1:2014/06/25(水) 19:36:04.25 ID:
【元タイトルです。】
入場するまで10時間待ち、入ると今度は水も食べ物もなく、トイレにも行けない 「タイバニ展」大混乱、ファンの抗議で運営側が謝罪
2014/6/25 18:55

超能力を持つヒーローたちが世の中の平和を守る大ヒットアニメ「TIGER & BUNNY(タイガー・アンド・バニー)」の歴史を振り返る展覧会が東京池袋で開催され、ファンが殺到した。
12時間並んでも会場に入れない人も出た。中に入って物品を買うために並ぶと、水も食べ物も口にできない、トイレにも行けない。そんな「阿鼻叫喚」な状況にファンの怒りが爆発した。
この「タイバニ展」は2014年3月から大阪や名古屋、福岡で開催され、東京が最終だった。東京以外の開催地でも似たようなことが起こっていて、
ファンは「運営サイドは過去の混乱を全く反省していない」とツイッターなどで批判した。
混乱は収まらず、体調不良を訴えるファンも
14年6月24日午後5時44分にこんなツイートが出た。
「ねぇ!聞いて!!タイバニ展並び始めてから10時間半だよ!!入り口見えたよ??」
その後、別の人が、
「タイバニ展に並び始めてそろそろ12時間、入場して2時間経ちますが、ここから物販まで3時間掛かるとアナウンスがありました」
場所は池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4Fで、約1570平方メートルの広さの会場だ。ここから2000人といわれる長い行列がビルの屋外まで続いた。
途中で雷雨があり、屋根のある場所に避難することにもなった。多くは始発電車で来て午前5時過ぎから並んだが、午後2時を過ぎても会場に入れない。会場に入ると地獄的状況が加速する、といった状態だ。
こういうイベントの場合、ファンの最初のお目当てはオリジナルグッズの購入だ。しかも東京限定販売のバッグ、タオル、パン缶など多数用意されているため売り場に行く。
しかし、そこにも行列ができていて、3時間待ち。人気グッズはすぐに売り切れてしまうため、お目当ての品が無くなったのを知らずにずっと並んでしまうことになる。
おなかがすいても喉が渇いても、会場では飲食が禁止されている。そしてトイレが会場にはない。再入場できないから我慢するしかないのだが、
どうしてもの場合はタイバニ展のスタッフに付き添ってもらうことになるが、そのスタッフが見つからない。
午後2時過ぎには入場規制が行われ、入場待ちの後方ファンは会場に入れない可能性が出てきたとして入場チケットの払い戻しが発表された。それでも混乱は収まらず、体調不良を訴えるファンも現れた。
これを見かねた一部のファンは運営サイドに状況の改善を求め交渉を行った。午後5時過ぎにツイッターで、場内での室内待機列での飲食がOKになったことや、トイレに付き添うスタッフが増える、など交渉の結果が報告された。
(続く)
http://www.j-cast.com/2014/06/25208734.html

続きを読む

1:2014/06/28(土) 22:22:54.37 ID:
老舗ギャルゲーメーカー『エルフ』をご存じの方は居るだろうか。
『同級生』や『下級生』、更には『YU-NO』や『臭作』シリーズという名作の数々、
そして別ブランドのシルキーズを立ち上げ、そちらでは『河原崎家の一族(元エルフ作品)』や
『野々村病院の人々(元エルフ作品)』をリリース。

創立者の蛭田昌人による独特なセンスの文章と練り込まれたシナリオが好評となり、
ギャルゲーファンだけでなく一般ゲームユーザーからも注目を浴びるほどであった。
昔は「東のエルフ、西のALICESOFT」と言われていたくらいである。

■絶好調のエルフ時代 家庭用ハードにも参入
家庭用の参入も最も早かった。NECインターチャネルから移植された『同級生』は、
後にセガサターンに自社参入。その後に他機種にも参入し開発を行いヒットを飛ばした。
今では考えられない数十万本という売り上げだったから驚き。
ファミ通調べの初任給ランキングでもエルフは2位だったのである。ちなみに1位は
スクウェア(現、スクウェア・エニックス)。
それだけでなく、ゲームを製作する体制も素晴らしく、DOS時代には色が8色しか
使えないのにそれを駆使してフルカラーと比べても遜色の無い塗りのレベルのグラフィックだった。
内部レギュレーションを徹底しており、塗りの管理から指導まで怠っていなかったのである。
またデバッグもコンシューマに参入していたこともあり、当時のコンシューマゲーム機は
パッチで修正が出来なかったということから『YU-NO』に至っては数か月にも及ぶ
膨大なデバッグ期間を設け徹底していた。
その後はまさかのオヤジが主人公の『遺作』『臭作』『鬼作』を大ヒット。まさに
エルフ黄金時代である。
ちなみにWindows初期はリメイクばかりだったこともありユーザーから反感を買っていた。
この理由としてWindows開発のノウハウを得るためとコメントしていた。

■蛭田代表の引退で陰りが
そんな老舗ギャルゲーメーカーに陰りが見えてきたのは10年以上前。
『河原崎家の一族2』を発売時に最後にシナリオを担当した元代表の蛭田昌人が業界を引退。
それにより支える者が居なくなり経営は悪化。というより「エルフの色」が
出せなくなってしまったのだ。ユーザーは蛭田テキストをハッキリわかっており、
例え同じメーカーであっても全くの別物と判断。その後のエルフ作品はエルフで無いと思われてしまった。

■エルフスタッフを引き連れて新ブランド設立
その後は過去作品のダウンロード販売や新規作品を地道に販売を続けてきた
エルフであったが、つい先日別ブランドだったシルキーズが全くの別会社として
シルキーズプラスとして分離。これによりエルフとは無関係になってしまった。
これにより支えであった収入も更に厳しくなってきたようだ。そしてこの
シルキーズプラスは只単に分離してだけではなく、エルフのスタッフも一同共に
加わっているのである(Twitterより)。

要するに「エルフ+シルキーズのスタッフ=シルキーズプラス」となったわけである。
残されたエルフは……。

またこれに会わせてエルフ側のウェブサイトでは「Web会員サービスを終了させて
頂きます」と告知している。今回のシルキーズプラスの件と関係ありそうだ。
管理するスタッフが居なくなった?

第一弾のゲームタイトルは既に発表されており『なないろリンカネーション』という作品。
大好きだったエルフなだけでに、そう簡単に潰れてほしくないわけであるが。
公約した『同級生3』は結局出ないままなのであろうか。

http://getnews.jp/archives/608290


シルキーズプラスのTwitter
https://twitter.com/silkysplus/statuses/479044338299588608
HPの入り口でもお伝えしていますが、このたびエルフとシルキーズの開発スタッフ一同が
独立して新しい会社を設立、新規ブランド「シルキーズプラス」を立ち上げました★
第一作目となる「「なないろリンカネーション」応援よろしくお願いしま~す^^

続きを読む

1:2014/06/29(日) 21:28:57.82 ID:
http://news.mynavi.jp/news/2014/06/25/249/

 楽天銀行は23日、「円定期預金(1週間・2週間)」の取扱いを開始した。

 楽天銀行の円定期預金の預け入れ期間はこれまで1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、5年より選んでいたが、
「もっと預け入れ期間の短い円定期預金があれば便利」という顧客のニーズに応え、
新たに円定期預金(1週間・2週間)の取扱いを開始した。
また、銀行の円定期預金の金利は一般的に低いと考えている顧客にもすすめることができる好金利だとしている。

   <特長1>通常の円定期よりも高い金利

 預け入れ期間が1週間なら年0.50%(23日現在)(税引後年0.39%)、2週間なら年0.30%(23日現在)(税引後年0.23%)と、
短期の円定期預金ながらも高い金利が特長だという。
また、満期時の取扱いは「元利自動継続」、「元金自動継続」、「満期自動解約」から選ぶことができる。
たとえば、短期間でも繰り返し預け入れることで着実に資産形成をしたい場合は「元利自動継続」、
付いた利子を別で運用したい場合は「元金自動継続」、満期日の後すぐに資金が必要な場合は「満期自動解約」と、
顧客のニーズに合わせて利用できるとしている。

   <特長2>短い預け入れ期間で使い方自由

 定期預金でありながら1週間もしくは2週間で満期となるので、預金を始めたいが長い期間預けるのは不安という顧客や、
急な出費などが多いためこれまで定期預金を敬遠していた顧客にも、気軽に始めてもらえるという。
また、次の投資先を考えるまでの間、より高い金利で資金を預け入れたい顧客にもおすすめだとしている。

   <特長3>最低預け入れ金額は10万円以上

 どちらの預け入れ期間も最低預け入れ金額は10万円以上1円単位なので、
顧客の手元資金に合わせた金額から始めることができるとしている。

(金野和子)


表:円定期預金(1週間・2週間)の商品概要)

続きを読む

1:2014/06/23(月) 14:49:07.91 ID:
最後に
2014年06月23日

この度は、私 林沙織が起こした行動によりファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

特に、アクセルワン所属の皆様やスタッフの皆様には、入ったばかりなのにこのような不始末を起こしてご迷惑をおかけしてしまい心よりお詫び申しあげます。

アトミックモンキーさんは何も悪くありません。

鬱病を患った私が勝手に思い込んで書いた被害妄想です。

一ミリも悪いところなんてありません。

あんなに素敵な会社はありません。

アトミックモンキーの皆さんは非常に寛大で、深く感謝しております。

アトミックモンキーさんのおかげで目が覚めました。

人生を変えてくださったアトミックモンキーさんに心よりお礼申し上げます。

一命をとりとめたとはいえ、首を吊ったせいでこのような顔になってしまったのでもう声優には戻れませんが、

今まで応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

林沙織は引退します。

なお、林沙織はアクセルワンを辞めたので、この件に関してアクセルワンさんへ問い合わせなどをすることはやめてください。

アクセルワンはもう辞めたので私とは関わり合いはございません。

今まで本当にありがとうございました。


さようなら。



http://ameblo.jp/nikushokumiffy/entry-11882839153.html

続きを読む

1:2014/06/25(水) 09:13:02.36 ID:
日本発のライトノベルを原作としたハリウッド映画『All You Need Is Kill』がまもなく日本で公開される。

主演はあのトム・クルーズ、監督は『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン、
アメリカでは一足早く2014年6月6日より公開され、全世界ですでに20か国以上で上映され、大ヒットを記録している注目作品。

これまでライトノベルのメディアミックスといえば、コミカライズを経て、日本でのアニメ化が一般的だったが、
このAll You Need Is Killは、原作(スーパーダッシュ文庫)が桜坂洋、漫画版(ヤングジャンプ)は竹内良輔が構成、
『バクマン。』の小畑健が作画を担当とここまでは普通のメディア展開のように見えるが、さらにそこからアニメ化をすっ飛ばして、
アメリカのビズメディア(北アメリカにおける日本の漫画・アニメの翻訳出版と日本アニメの映像販売を行う企業)の翻訳SFレーベル「Haikasoru」から英訳版が刊行され、
ワーナー・ブラザーズが映画化権を獲得した、ある意味、大出世作品だ。


▲All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

本作はSF作家の大家として知られる「筒井康隆」らに絶賛され、
日本では7月4日より公開される予定だが、ストーリーはいたってシンプル、我々に馴染みの深いループものだ。
特に同じ時間を何度もループする作品で思い出されるのは涼宮ハルヒシリーズの『涼宮ハルヒの暴走』にあるエンドレスエイトや『魔法少女まどか☆マギカ』、
正体不明の地球外生命体からの侵略は、いま放映中の『ブラック・ブレット』のガストレアや『極黒のブリュンヒルデ』のドラシルに近く、
ライトノベルだけなく、SFのど真ん中直球の王道ストーリーとも言える。
よって、普段映画館に足を運ぶ機会の少ない読者や、ハリウッド映画にあまり興味がなくとも、馴染みのあるテーマを扱っていることもあり、気軽に楽しめる作品だろう。

昨今、ライトノベルのアニメ化が当たり前のように行われ、一部では刊行まもない作品のアニメ化がされ始めている現状から、原作が枯渇してのでは?
との指摘もあるようだが、日本人の豊かな想像力から生み出されるエンターテインメント作品は、
作家やクリエーターの情熱が枯渇しない限り、今後も新しい物語が次々と誕生するだろう。
そして、それは日本だけに留まらず、国境を越え、ローカライズされ、さらに映像という新しい魅力を備えた新しい物語として、世界中で受けいれられてゆくのではと予測される。

All You Need Is Killのような世界へ飛び出す作品が日本から発信されることを誇りに、ますます広がるライトノベルに注目が集まることを期待したい。

文=橋本商店

オール・ユー・ニード・イズ・キル

・週刊ヤングジャンプ公式サイト
http://youngjump.jp/manga/allyou/

・映画版公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/

http://twi-ani.com/anitter/report/00785.html

続きを読む

このページのトップヘ